shioponの雑記

IT系とかそれ以外とか

PDFについて調べた

PDFについて調べた。PDFの仕組みは語らない。

PDFとは

PDFはPortable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)の略であり、Adobeが開発した電子文書に関するフォーマットだ。1993年に発売されたAdobe Acrobatで登場した。

無償配布されているAdobe ReaderなどのPDFビューアーを利用すれば、特定の環境に左右されず、全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像などを閲覧できる特性を持っている。WordやExcelなどのファイル、HTMLのドキュメントは環境が変わると表示が崩れる場合が多いので、厳密にレイアウトを保持する必要のあるドキュメントはPDF化されることが多い。

他にも、ドキュメントのセキュリティを設定できたり、しおり・リンク・注釈などのドキュメントを利用するにあたって便利な機能を利用できる。

一般的に電子ドキュメントの公開・配布の場などで利用される。どの環境でもレイアウトを忠実に再現できるため、説明書などの広い範囲で公開される文書で好まれて利用されている。

JavaScriptの埋め込み

PDFファイルにはJavaScriptを埋め込むことができる。
JavaScriptを利用すれば入力のナビゲーションや入力時の値チェックなどが可能になるが、JavaScriptを埋め込むことができるということは、悪意のあるコードを埋め込むことができるということだ。
脆弱性のあるAdobe Readerで悪意のあるコードを含んだPDFを開くと、脆弱性を突いてOSがウィルスに感染することがあるため、注意するべき。
(OSやPDFリーダーのバージョンは常に最新に保つべきだろう)

ユーザビリティ

ユーザビリティ研究の第一人者であるヤコブ・ニールセンは、PDFに対して「オンラインの閲覧用に使ってはならない。」と結論づけ、PDFは印刷用と明示し、同一のコンテンツのHTMLページを作っておくべきと提唱している。

PDFに関してはそれだけでなく、大きなサイズのPDFは分割したバージョンと統合されたバージョンの両方を用意して配布するべきなど、いろいろな考えを提唱している。

ヤコブ・ニールセン - Wikipedia